2017-04

桜と空

仕事の合い目にちょっと、近所の公園へ。

目的はもちろん…

さくら


一番グッとくるアングルはどんなだろう?
と色々見方を変えて試してみた結果、私の好みは

真上を見上げる

でした。

なんか、桜がとても高いところに見えて、
自分が包み込まれているような気持ちになるのです。

そして、高いところにある桜の向こうに、
さらに高い空が見えるのです。

さくらの間のチラチラとしたすきまに空
空と桜の間を
白い雲が流れていったり
たまに鳥が横切っていったり


花 って、なんて優しいのだろう。


目の前の砂場では、小さな女の子が二人、
おままごとをしていました。
「うどん と もち と ごはん くださ〜い」
ぜんぶ 炭水化物 笑


この子達も私も 桜に見守られ、
のどかな春の日に、ふんわりほのぼのとしたのでした。


【立澤あさみの本】←クリックすると一覧が見られます




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

タツザワアサミ

Author:タツザワアサミ
イラストレーター、デザイナー。
文具メーカーでデザイナーとして勤務後、フリーランスに。イラスト、絵本制作、ステイショナリーや雑貨のデザインなど、多岐にわたって活動中。

*掲載している画像等の無断転記、使用は固くお断りいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (82)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR